脱毛サロン・クリニック 種類別の選び方は?【メリット・デメリットを徹底解説!】

街のあちこちやSNSの広告でよく目にする脱毛サロン。数えきれないほど次々と脱毛サロンがオープンし、新たな脱毛方法も次々と生まれています。
なので、ネット上には様々な口コミが散乱し、どの口コミを信じたらいいのか分からなくなってしまいます。

そんな方のために、今回は脱毛サロンの選び方から主な脱毛の方法、おススメ脱毛サロンサロンまで一挙に紹介します。

脱毛のサロン・クリニックの選び方

自身に合った脱毛サロンの選び方は「何を一番重視するか?」で変わってきます。

一日でも早く脱毛を終わらせたい人も入れば、極力痛みのない脱毛を望む人、最安価格で脱毛をしたい人など、脱毛に対する重要視する視点が異なります。

ただ単に口コミの良さや広告の安さだけで契約すると、脱毛の痛み耐えることができなかったり、何年も脱毛サロンに通い続ける破目になってしまうこともあります。

なので、口コミや広告のみで選ばずに、自身が一番重要視するポイントを踏まえて脱毛サロンを選ぶようにしましょう。

脱毛にはどんな種類がある?

各脱毛サロンの違いは脱毛の仕方と使用している脱毛機です。
脱毛には大きく分けて「エステ脱毛」と「医療脱毛」との2種類があります。

エステ脱毛

脱毛サロンやエステサロンで施術を受けることが出来ます。
エステ脱毛は1回の施術での効果はさほどなく、数十回施術を受ける必要があります。光脱毛やブラジリアンワックスがエステ脱毛に分類されます。

エステ脱毛の光脱毛機は各社がオリジナルで開発していることが多く、光の種類や照射方法によって効果が変わってきます。

時間がかかりますが仕切りが低く、痛みも少ないです。また脱毛以外の効果もたくさん含まれています。

医療脱毛

医療脱毛は1回の施術での効果がとても大きく、数回の施術で早く脱毛を完了したい方に向いています。レーザー脱毛やニードル脱毛が医療脱毛に分類されます。

一見、早く終わる医療脱毛の方が魅力的に見えますが医療脱毛は強い痛みを伴います。費用面でも1パーツ当たり1回の金額が医療脱毛の方が高い傾向にあります。

医療脱毛のレーザーと言っても各社が異なった機械を導入しており、効果も機械によって異なってきます。

脱毛の種類別メリット・デメリット

レーザー脱毛(医療レーザー脱毛)

メリット

医療脱毛に分類されるレーザー脱毛のメリットは脱毛完了までのスピードの速さと信頼性です。

レーザー脱毛機は医療機具になり、レーザーを毛穴の奥深くにある皮膚や毛に含まれるメラニン色素に向かって照射することで毛を再生させる組織を破壊する仕組みになっています。医療脱毛は、医療行為に値するのでクリニックの医師が診断し看護士が施術を行ってくれます。

医療行為に値するので、詐欺まがいな施術は一切なく1回の照射でも毛がボロボロと抜け落ちていくのを実感することができます。

なので、レーザー脱毛は数回の施術で脱毛が完了するので、脱毛にあまり時間を割くことができない方やすぐに脱毛を完了させたい人におススメの施術方法になります。

デメリット

レーザー脱毛のデメリットは施術の痛みと金額です。

レーザー脱毛は強い照射力で毛を焼き切る構造になっているのでどうしても痛みを伴います。最近では痛みの少ない脱毛機が開発されていますが、VIOや脇など濃い毛が生えている部分への照射では針を刺されたようなチクッとした痛みが伴います。

また、施術回数が少なく済み、効果も大きい分、1回あたりの金額が高いこともデメリットになります。

ニードル脱毛(電気脱毛)

メリット

医療脱毛に分類されるニードル脱毛のメリットは永久脱毛が可能な事です。
ニードル脱毛は毛の1本1本に電気が流れる針を差し込み、数秒間電流を流すことで毛根事態を破壊させる仕組みになっています。

数ある脱毛方法の中で一番歴史が深く、140年以上も前から存在する脱毛方法になります。

毛1本1本に電流を流すので、肌への負担が少ないこともメリットの一つになります。

ニードル脱毛は産毛から濃い毛まで確実に脱毛することが可能になるので薄い毛1本も残さずに綺麗さっぱり脱毛したい方におススメです。

デメリット

ニードル脱毛の一番のデメリットは痛みです。
毛1本1本に細いニードルを指しながら施術をするので、ニードルを刺す際のピンで毛を1本1本引き抜く時のような痛みと、電流を流して細胞を破壊する際の痛みに耐えられない方もいます。

また、1本1本施術を行っていくので脱毛が完了するまでに長い時間がかかってしまいます。

カミソリで自己処理を繰り返した肌だと毛穴に角質が詰まり、毛が皮膚の中で育ってしまう「もぐり毛」状態になってしまうので一度ワックス脱毛を行ってから施術を行う必要があります。

光脱毛(フラッシュ脱毛・IPL脱毛・プラズマ脱毛)

メリット

エステ脱毛に分類される光脱毛のメリットは料金の安さと、痛みの少なさです。

エステ脱毛はレーザーよりも低い照射率のLEDのような光を表面のメラニン色素に向かって照射し、毛を焼きさる手法になります。

レーザー脱毛のように高い脱毛効果と強い痛みがない分、1回あたりの料金が安いこともあって、気軽に通いやすいことからエステ脱毛は人気を集めています。

更に、美容脱毛機を導入しているサロンがほとんどなので、脱毛と一緒に美肌になれる効果もあるので、脱毛と美白を一緒に行うことが可能になります。

また、光脱毛の際に塗るジェルもこだわっているサロンが多く、保湿効果、毛穴引き締め効果などいろいろな美容成分を配合しているサロンがほとんどを占めています。

なので、敏感肌や乾燥肌の方でも痛みを感じにくく、施術後もピリピリした痛みに襲われにくくなっています。

デメリット

エステ脱毛のデメリットは光の照射率が低いため、数十回もサロンに通う必要があります。

また、永久脱毛ではないため濃い毛がなくなったとしても産毛は残ってしまいます。

一回当たりの金額はエステ脱毛の方が各段に安いですが、濃い毛がなくなるまで数十回照射することを考えると、トータルでかかる金額はエステ脱毛も医療脱毛もさほど変わらない金額になります。

ブラジリアンワックス脱毛

出典:ANGELICA

ブラジリアンワックス脱毛は、はちみつ等からできたワックスを脱毛したい部分に塗り、一気に根元から抜き取る方法です。

メリット

エステ脱毛に分類されるブラジリアンワックス脱毛のメリットは広範囲の毛をすぐになくすことができる即効性と金額です。

手軽な金額で広範囲を一気に施術することができ、施術を行った瞬間から毛がなくなるので、安く、手軽に脱毛を行えることから、脱毛初心者や今すぐ脱毛したい方におススメです。

ブラジリアンワックス脱毛に使われるワックスには、美白効果、保湿効果、毛穴引き締め効果など様々な美容成分が配合されています。

ブラジリアンワックス脱毛は脱毛と一緒に古い皮脂や角質まで一緒に取り除くことができるので、脱毛以外の効果も大きく即効性もはやいので、「今すぐに!」と考えている方にとてもおススメな脱毛方法になります。

1回あたりの料金も安く、1回きりの施術も可能です。光脱毛やレーザー脱毛、ニードル脱毛のようにパック料金契約や月額契約を強く勧められることはほとんどないので、勧誘やキャンペーンが嫌いな方や、断ることができない方でも気軽に入店することが可能です。

デメリット

ブラジリアンワックス脱毛のデメリットは永久性がなく2.3週間の間しか効果がない所です。
同じ個所を何回も脱毛すると、だんだんと次の毛が生えてくる周期が長くなりますが必ず次の毛は生えてきます。

まとめ

完璧な脱毛効果を求める場合は、痛みを伴うレーザー脱毛かニードル脱毛がおススメです。
通いやすく痛みの少ない施術を求める場合は、光脱毛かブラジリアンワックス脱毛がおススメです。

脱毛サロン、脱毛クリニックでの脱毛方法の一回当たりの金額を見ると、とても大きな差がありますが脱毛が完了するまでのトータルの金額を平均して比べてみるとさほどの大差はありません。

ネットの口コミやSNSの広告のみで脱毛サロンを契約せずに、自身が脱毛に対して一番重視している面に特化サロンを選ぶようにしましょう。

関連記事

  1. 永久脱毛とは?気になる料金や効果など【メリット・デメリットを徹底解説!】

  2. SSC脱毛ってどんな脱毛方法?効果や仕組みなど【メリット・デメリットを徹底解説!】

  3. 脱毛に行く前の準備まとめ!やってはいけないことや服装・持ち物も!

  4. ハイパースキン脱毛とは?仕組みや効果・費用など【メリット・デメリットを徹底解説】

  5. 脱毛はどのくらい痛い!?脱毛の種類別に痛みを比較してみよう

  6. IPL脱毛ってなに?効果や仕組みなど【メリット・デメリットを徹底解説!】