SHR脱毛の効果や回数、費用は?【メリット・デメリットを徹底解説!】

最近手軽に通える脱毛サロンが増えて、脱毛サロンで脱毛している人が増えてきています。毎日のムダ毛のお手入れをするのは本当に大変ですよね。

光脱毛の中で、SHR脱毛という脱毛方法を最近よく聞きます。

でもSHR脱毛って危険だというウワサもあって、試してみたいけどほかの脱毛方法との違いがよくわからない。なんてことはありませんか。

今回は話題のSHR脱毛について徹底解説します。SHR脱毛で脱毛を始めようとしている方や、脱毛サロン選びに迷っている方はぜひ参考にしてください。

光脱毛の種類は4つ

一般的な脱毛サロンで多い施術方法として光脱毛があります。
脱毛サロンに通うことを検討すると、光脱毛の中にもさまざまな脱毛法があることがわかります。
主な光脱毛の方法は以下の4つです。光脱毛は単発式脱毛と蓄熱式脱毛に分けられます。

SHR脱毛(蓄熱式脱毛)
IPL脱毛(単発式脱毛)
SSC脱毛(単発式脱毛)
ハイパースキン脱毛(蓄熱式脱毛)

光脱毛とはフラッシュ脱毛とも呼ばれ、光を肌へ照射することによって毛根に刺激を与えて毛が生えてくるのを抑えます。

今回は、蓄熱式脱毛のSHR脱毛について詳しく説明します。

SHR脱毛ってなに?

SHR脱毛とは光脱毛の一種で、蓄熱式脱毛に分類されます。
IPL脱毛やSSC脱毛のような単発式脱毛では、毛根に強い光を照射することで毛根の細胞に直接ダメージを与えます。その結果、ムダ毛を生えてきにくくすることが可能です。

SHR脱毛も同じようにムダ毛に光を照射するのですが、照射する光の強さと光が作用する場所がIPL脱毛やSSC脱毛と異なります。

SHR脱毛の仕組みと効果

出典:姫Body

SHE脱毛のSHRは「Super Hair Removable」の頭文字からきています。
SHR脱毛は、肌全体に弱い光を当てることで毛根のそばにある「バルジ領域」に刺激を与えます。バルジ領域は毛根に対して毛を生やす命令を行う「発毛因子」を作り出す場所です。バルジ領域にダメージを与えて発毛因子を出にくくすることで、ムダ毛自体が生えてこなくなるということです。

単発式脱毛のIPL脱毛やSSC脱毛でもSHR脱毛と同じように肌に光を照射しますが、毛が生えにくくなる仕組みはSHR脱毛と異なります。
IPL脱毛やSSC脱毛では、SHR脱毛より強い光を毛根に当てて刺激します。強い光によって毛根が刺激を受けて、毛が生えるのを抑制します。

毛根はSHR脱毛で刺激を与えるバルジ領域よりも強い光を当てないと、ダメージを受けません。

そのためIPL脱毛やSSC脱毛では、光が強いぶんSHR脱毛より肌への負担が大きくなります。

SHR脱毛のメリット

SHR脱毛のメリットとして、

 icon-circle-o メリット
・痛みを感じにくい
・毛周期を気にしなくて良い
・ホクロや地黒でも施術することができる
・産毛にも効果がある
・肌が弱くても受けられる
・費用が安く、始めやすい

といった点が挙げられます。

痛みを感じにくい

SHR脱毛は痛みを感じにくいのが特徴です。
IPL脱毛やSSC脱毛の施術では、毛の太い部位であるVIOラインやワキに処理を行うと痛みを伴いやすいです。
一方SHR脱毛で照射される光はIPL脱毛やSSC脱毛より弱くなっています。弱い光は毛の色素であるメラニンに反応しません。
そのためSHR脱毛では痛みを感じにくいです。

毛周期を気にしなくて良い

毛周期を気にしなくて良いことがSHR脱毛のメリットです。
人の毛は以下の3つの周期に分類されて生えています。

①毛が生えていない休眠期
②皮膚の表面に毛が出てくる成長期
③生えきった毛が抜け落ちる退行期

この毛周期は2〜3ヶ月に1回のペースで回っています。
IPL脱毛やSSC脱毛では、皮膚の表面に生えている成長期の毛に対して施術を行います。

皮膚の表面に出ている毛は全体の20%ほどです。そのため全ての毛に光を当てようと思うと毛の生えるサイクルを考えて2〜3ヶ月に1回のペースでしか脱毛サロンへ通うことができません。
SHR脱毛は毛のサイクルは関係なく処理を行うことができるので、最短で2週間に1回施術を行うことができます。

ホクロや地黒でも施術することができる

SHR脱毛ではホクロや地黒でも施術することが可能です。IPL脱毛やSSC脱毛では、光が毛の黒い色素であるメラニンに反応します。メラニンに光が反応することで毛根にダメージを与えます。

そのためIPL脱毛やSSC脱毛でムダ毛を処理しようとすると、メラニンを持つホクロやシミの部分は避けなければなりません。すると痛みや肌が傷つく原因になります。
肌が地黒だった場合、施術を受けられない脱毛サロンもあります。

しかし、SHR脱毛では照射する光が弱いです。そのため、ホクロやシミがある人、地黒の人でも施術を受けることが可能です。

産毛にも効果がある

SHR脱毛は産毛や白髪にも効果があります。IPL脱毛やSSC脱毛では、毛の色素であるメラニンが反応して毛を生えなくしています。

そのためメラニンをほとんど持たない産毛や白髪には光を当てても効果がありません。一方でSHR脱毛での弱い光はメラニンに反応しないため、産毛や白髪にも脱毛効果があります。

肌が弱くても受けられる

肌が弱くても施術を受けられるのがSHR脱毛です。

IPL脱毛やSSC脱毛での施術される光と比べて、SHR脱毛での光の照射は弱いです。そのためIPL脱毛やSSC脱毛の強い刺激の光では肌が赤くなったり、荒れてしまったりした人でも、SHR脱毛の施術なら肌への負担が少ないので安心して受けることができます。

費用が安く、始めやすい

IPL脱毛やSSC脱毛と比べて費用が安い点もSHR脱毛のメリットです。
SHR脱毛の回数と費用をほかの光脱毛方法と比較したものが以下の表です。

脱毛方式 回数 料金
IPL脱毛 12回 290,000円
SSC脱毛 6回 189,000円
SHR脱毛 6回 96,000円
ハイパースキン脱毛 6回 210,000円

脱毛サロンによって金額や回数に差はありますが、SHR脱毛はほかの光脱毛の方法よりも金額が安いことがわかります。
費用が安いので気軽に脱毛を始めることが可能です。

SHR脱毛のデメリット・注意点

SHR脱毛のデメリットは、

 icon-times デメリット
・効果が感じにくい
・取り扱っているサロンが少ない
・永久脱毛ではない

ということが挙げられます。

効果が感じにくい

SHR脱毛はIPL脱毛やSSC脱毛と比べて効果が感じにくいです。

IPL脱毛やSSC脱毛の方が強い光で大きな刺激をムダ毛へ与えているため、その分効果も大きくなります。
SHR脱毛の照射する光にはにIPL脱毛やSSC脱毛ほどのパワーはないので、脱毛効果を実感しにくいです。

取り扱っているサロンが少ない

SHR脱毛での施術を取り扱っている脱毛サロンは多くありません。
これは、SHR脱毛が最近になってできた比較的新しい技術だからです。
SHR脱毛を受けたいのに近くに通えるサロンが見つかりにくいことが、SHR脱毛のデメリットです。

永久脱毛ではない

SHR脱毛は永久脱毛ではないです。SHR脱毛を行なったからといって完全な無毛状態になることはありません。そのため永久脱毛にこだわりを持つ人にはおすすめできないです。
しかし、首などの元から毛の薄い部分はムダ毛が生えていても気になりませんよね。SHR脱毛ではほとんど毛の気にならない状態にまで脱毛することができます。
施術の回数を増やすことで無毛状態に近くことが可能です。

SHR脱毛が危険といわれる理由

SHR脱毛は前述した通り、一般的な光脱毛より肌への刺激が少なく優しい脱毛方法です。
しかし、まだSHR脱毛を取り扱っている脱毛サロンが少ないため、SHR脱毛の情報がほかの脱毛方法より世間へ出回っていません。情報が少ないことに対して、施術を受ける人が不安に感じているので「危険だ」というウワサが出ているのかと思います。

SHR脱毛は低刺激で、肌が弱くても受けることのできる安全な脱毛方法です。

SHR脱毛は肌への負担が少ないおすすめの脱毛法!

SHR脱毛は、今までほかの脱毛方法で施術を受けることのできなかった肌の弱い人や、地黒の人などでも安心して受けることができる脱毛方法です。
SHR脱毛はほかの光脱毛と比べて費用も安いため、初めて脱毛サロンに通う人でも始めやすくなっています。
みなさんもSHR脱毛で脱毛サロンデビューしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 脱毛に行く前の準備まとめ!やってはいけないことや服装・持ち物も!

  2. エステ脱毛と医療脱毛の違いを徹底解明!自分に合った脱毛はどっち?

  3. 脱毛でトラブル!?6つのトラブルと対処法を知っておこう!

  4. カミソリでのムダ毛処理・除毛するときの注意点!わかりやすく徹底解説!

  5. 医療脱毛の機器の種類や施術できる部位など!【メリット・デメリットを徹底解説!】

  6. ハイパースキン脱毛とは?仕組みや効果・費用など【メリット・デメリットを徹底解説】